[ダイエットを楽にする!]野菜がおすすめなのはなぜ?[徹底解説]

[ダイエットを楽にする!]野菜がおすすめなのはなぜ?[徹底解説]

ダイエットをしていて、なかなか体重が減らず痩せないな、と感じることはありませんか?

ダイエットの食事の失敗として多いこと

  • 野菜を多くとる
  • 1食分を丸々野菜だけで置き換える

これをやっている人は、たくさんいます。

その中で実際に目標体重まで、ダイエットできた人は、かなり少ないと思います。

私の友人の20代後半の女性も、夜に野菜だけの生活をしていましたが、2週間ほどで挫折したそうです。

理由としては、

  • 野菜だけではお腹がすく
  • 体重が全然減らなかった
  • 肌がシワシワになってきた気がする

もちろん間食などは一切してなかったそうです。

野菜を多くとるときのデメリットがあります。

  • 体が冷えやすくなる
  • タンパク質が圧倒的に不足する
  • 野菜、特に根菜には意外と多くの糖質を含む
  • 野菜には水分が多く含まれるので、むくみの原因にもなる

しかし、 メリットもあります。

  • ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいる
  • ビタミンは三代栄養素の消化・吸収(代謝)に必要不可欠
  • 食物繊維を多く含むので、血糖値の急上昇を抑えられる

野菜を適切に食べることで、ダイエットをめちゃくちゃ効率的にすることができます。

  • 少しでもダイエットを楽に進めたい
  • いろんなダイエット方法を試したが、効果がなかった
  • カロリー計算しているが、なかなか痩せられない

こういった人は、今すぐチェック。

1.ダイエットに野菜がおすすめな理由

ダイエットに野菜がおすすめな理由

ダイエットに野菜がもたらすメリットは上記でも紹介しました。

  • ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいる
  • ビタミンは三代栄養素の消化・吸収に必要不可欠
  • 食物繊維を多く含むので、血糖値の急上昇を抑えられる

ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいる

まず、ビタミン・ミネラルってどれくらいあるの?

ビタミン

  • ビタミンA・D・E・K・C
  • ビタミンB1・B2・B6・B12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン

ミネラル

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • リン
  • カリウム
  • ヨウ素
  • マンガン
  • セレン
  • クロム
  • モリブデン

特に、ビタミンは三大栄養素の消化・吸収に必要であり、 脂肪燃焼をスムーズに行うための補助要員です。

ビタミンの詳しい効果については、こちらの記事をご覧ください。

» トレーニングとビタミン

ビタミンは三代栄養素の代謝に必要不可欠

ダイエットをしている人にとって、脂肪燃焼をスムーズに行うことは絶対条件で、野菜をとることが超必須です。

  • 糖質を代謝する時には、ビタミンB1が必要
  • アルコールをよく飲む人は、ビタミンB1の消費が激しい
  • 脂質を代謝する時には、ビタミンB2が必要
  • タンパク質(アミノ酸)を代謝する時には、ビタミB6が必要

主な代謝に必要なビタミンをあげましたが、これ以外にも、三大栄養素の代謝に役立つビタミンはあります。

  • ナイアシン
  • ビオチン
  • パントテン酸

この3つも、三大栄養素の代謝を助ける働きがあります。

食物繊維を多く含むので、血糖値の急上昇を抑えられる

食物繊維は、糖質を摂取した時に起こる、血糖値の急上昇を抑えることができます。

血糖値の急上昇がなぜダイエットの敵なのかは、コチラをご覧ください。

» ダイエットに欠かせない血糖値と食物繊維・オリゴ糖のまとめ

食物繊維は野菜以外にも多く含まれています。

  • 玄米
  • さつまいも
  • わかめ

これ以外にも、食物繊維を多く含むものはあるのですが、1品だけで1日に必要な食物繊維をまかなえるというものはありません。

そのため、総合的に食物繊維を摂取していかないといけないので、野菜をしっかりとる必要があるのです。

2.ダイエットに効果的な野菜とは

ダイエットに効果的な野菜とは

野菜は1日350gというのは、みなさん聞いたことはあると思います。

昔、トンカツのお店で、1日350g野菜を食べようという張り紙があり、そのためにキャベツおかわり自由、という内容のものでした。

しかし、キャベツだけで350g野菜を摂取しても、本来の野菜を摂取するメリットを達成できません。

そのために何の野菜を食べればいいのか参考にしてみてください。

ちなみに、食材に含まれる三大栄養素や、ビタミン・ミネラルは「Slism」で確認できて便利です。

ビタミンを多く含む野菜

ビタミンは種類によっては、野菜より、魚やレバーの方が効率的にとれるので、野菜の中で十分な量をとれる食品を紹介していきます。

しそ(大葉)

しそは意外だった食品です。

  • ビタミンA
  • ビタミンK

ビタミンをバランスよく含んでいます。

特にその中でも、この2つのビタミンの含んでいる量はずば抜けています。

ただ、 大量に食べる調理法があまりないので、しっかり大葉を食べるということは難しいというのが、難点です。

枝豆

枝豆は野菜といっていいか怪しいですが、食べやすいという点で入れました。

枝豆の特徴は、何と言っても、ビタミンB1と葉酸が豊富です。

しかし、ビタミンB1だけに注目するのであれば、同じ量であれば、豚もも肉の方が3倍近くビタミンB1が含まれています。

葉酸は、細胞の増殖が正常に起こるよう助けてくれるので、 妊娠するためにも、妊娠してお腹の赤ちゃんがすくすく成長するためにも必要なビタミンです。

ただ、枝豆は塩分には注意が必要ですが、脂質は豚肉に比べてかなり低いのでおすすめです。

モロヘイヤ

モロヘイヤの特徴は、ビタミンB2を豊富に含みます。

ただ、モロヘイヤも大量に食べる調理法が少ないです。

モロヘイヤスープなどはおすすめです。

にんにく

にんにくはビタミンB6を豊富に含んでいます。

しかし、にんにくも大量に食べることは難しいのが難点です。

匂いが気になりますからね。

ただ、ビタミンを含む量はかなり豊富などで、次の日、多少匂っても良い日は、にんにくを積極的に取りましょう。

ピーマン

ピーマンを含む緑黄色野菜は全て、ビタミン豊富です。

その中でも、ピーマンはビタミンCを豊富に含むため、おすすめです。

人参もビタミンを豊富に含みますが、 糖質の量が増えるので、ピーマンの方がおすすめです。

ミネラルを多く含む野菜

ミネラルを多く含む野菜で、他の食品に負けていないものを紹介していきます。

パセリ

パセリは、ミネラルをめちゃくちゃ豊富に含んでいます。

  • カリウム
  • カルシウム

パセリは料理の見た目で付いているだけだと、私は思っていたのですが、パセリがミネラルが豊富と知ってからは、積極的に食べるようにしています。

切り干し大根

切り干し大根は、マグネシウムをかなり豊富に含んでいます。

普通の大根は、それほど多くマグネシウムを含んではいない点に注意。

切り干し大根は、食物繊維もかなり豊富なので、おすすめ野菜です。

食物繊維を多く含む野菜

野菜の中では、以下の順で食物繊維が豊富です。

  1. 切り干し大根
  2. グリーンピース
  3. パセリ
  4. モロヘイヤ
  5. ごぼう

3.簡単に野菜をとる方法とは

簡単に野菜をとる方法とは

簡単に野菜をとる方法ってあるの?

  • 野菜を何種類も買うのもお金がかかる
  • 調理がめんどくさい
  • 何品も作る時間がない
  • てか料理嫌い

最後は私の意見です(笑)

カット野菜で栄養をまかなうことは難しい

簡単に野菜を食べる方法として、コンビニやスーパーに売っている、カットキャベツなどの野菜ありますよね ?

だいたい100gほどですが、キャベツだけ食べてビタミン・ミネラルまかなえますか?

たったそれだけで、栄養をたくさんとった気になってるだけではないですか?

これは私も経験したことです。

カットキャベツは毎日、コンビニで買ってお昼に食べていたのですが、それでも口角炎になりました。

ビタミンC不足ですね。

この時はビタミン剤を応急処置として飲んで、改善しましたが、それからは意識して 野菜は種類をとるようにしました。

だから、カットキャベツだけでは、ビタミンやミネラルをまかなうことはできません。

野菜ジュースは野菜不足を解消できる?

野菜ジュースは製造過程でビタミンが失われると言われますが、本当です。

しかし、最後に添加して表示通りのビタミン量を確保しているそうです。

さらに、ミネラルは製造過程でも、あまり失われることがないです。

では、野菜生活で良いのでは?

ここからが重要なポイントです。

野菜ジュースのデメリット

  • 食物繊維量は少なくなる
  • 糖質の量が多い

ダイエットをしていなければ、問題はないことです。

しかし、ダイエットで野菜をとる目的では、2つとも致命傷です。

食物繊維の量が少なくて、糖質をたくさんとると、血糖値がドーンと上がり、糖質量が多ければ、脂質へと変換されてデブの元になります。

そのため、ダイエット中に、野菜ジュースはおすすめできません。

ダイエット中は野菜スープが超簡単でおすすめ

ダイエット中は野菜スープが超簡単でおすすめ

面倒を簡単にして、時短料理でダイエットを楽にしませんか?

ベジ活スープはレンジでチンするだけで、1日に必要な野菜の半分をとることができます。

残念ながら、ベジ活スープは料理が好きで、料理に時間をかける余裕のある人には向いていません。

しかし、次のような人には、 めちゃくちゃ楽に野菜をとってダイエットがスムーズに進むのでおすすめです。

  • 料理が苦手
  • ダイエットメニューを考えるのが面倒だ
  • 早起きは苦手、朝食は超簡単に済ましたい
  • 仕事や家事、育児で忙しく料理時間は短くしたい

でも、それだけではありません。

スープの種類も8種類あり、毎日食べても飽きないどころか、カロリーも151kcal〜316kcalと控えめになっています。

朝食1食分を置き換えるもの良いですし、夕食の副菜として食べるのも良いですね。

これで、夕食の献立を考える面倒臭さから、かなり解放されますね。

さらにレンジでチンしている間に主食を調理すれば、めちゃくちゃ時短にもなり、テレビや録画で溜まったドラマを見る時間もできそうです。

ベジ活スープでは、定期便があり、30日までの間で、任意で配送間隔を決めることができます。

2人用(8食×2)のコースにすれば 送料無料でお得です。

冷凍できるため、保存するスペースさえあれば、一人暮らしの人でも余裕で30日以内に食べることができると思うのでこちらのコースがおすすめですね。

1食分は610円ほどと、スープにしては少し高めかもしれません。

しかし、こちらのメニューを見てみてください。

カロリー : 151kcal
塩分 : 1.9g
[使用した野菜]赤ピーマン、アスパラガス、いんげん、かぼちゃ、ケール、ごぼう、大根、玉ねぎ、チンゲン菜、トマト、にんじん、ねぎ、ブロッコリー、ほうれん草、芽キャベツ

例えば、

  • この15種類の野菜を買うのにどれだけの金額になるでしょうか?
  • 野菜を切る時間、調理する時間はどれくらいかかるでしょうか?
  • 野菜ジュースを何本飲めば、これくらいの野菜をとることができるでしょうか?

こう考えると、 逆に、コスパが良いと言うしかないですね。

会員登録なしでも注文することができるので、手軽に注文することができますよ。

新発売!管理栄養士監修のベジ活スープ食を今すぐチェック

ダイエットを楽にするために野菜はかなりおすすめ

ダイエットは、食事制限をしたり、運動してカロリーを消費したりと、かなり大変で、結果が出にくいですよね。

楽に痩せられる、というダイエット商品やダイエット食品もありますが、実際はそんな簡単ではないです。

しかし、脂肪や糖質が燃焼して、エネルギーになる流れをスムーズに進むようにすれば、効率的に=楽にダイエットがはかどるようになりますよね。

  • 少しでも結果を早く出したい
  • 苦労と努力を最小限にしたい
  • 野菜いっぱい食べるのは嫌だ

こういった人は、糖質・脂質・タンパク質の代謝に必要なビタミンを中心に、野菜からしっかりとって、ダイエットを楽に進めるようにしていきましょう。