初心者がフルマラソンを完走するために必要な持ち物[女性必見!]

初心者がフルマラソンを完走するために必要な持ち物[女性必見!]

フルマラソンやハーフマラソンって、長い時間、走りっぱなしで体力が続くか不安ではないですか?

しっかり練習していても、当日、必要な物をもっていないと、特に初心者の人は完走率が下がってしまいます。

そうならないためにも、初心者の人が完走するために必要なことを知っておきましょう。

  • 当日までに準備する物
  • マラソン中に必要な物
  • 特に女性に必要な物
  • マラソン中に気をつけること

フルマラソンやハーフマラソンが初めてで、完走を目指している初心者の人にオススメの記事です。

1.フルマラソン当日までに準備しておく物[服装]

フルマラソン当日までに準備しておく物[服装]
  • ロングTのインナー
  • 半袖Tシャツ
  • タイツ
  • ハーフパンツ
  • 滑り止のついた靴下
  • ランニングシューズ
  • 帽子
  • 手袋

寒い時期のフルマラソンを走るためには、上記のような格好がオススメです。

私はフルマラソン初挑戦のときは、スタートから早いペースで走って、暑かったです。

しかし、20kmすぎのキツイ登り坂を上がって、下ったときには、足が動かなくなり、かなりペースが落ちました。

すると、2月のフルマラソンだったのもあり、ペースが落ちてからは、かなり寒かったです。

このように、フルマラソン初めての初心者が最初から最後まで、暑くなるほどのペースで走ることは不可能です。

そのため、インナーとタイツは必須です。

フルマラソンにパーカーは必要か?

マラソン走るときに、パーカーは必要ないです。

私がフルマラソンを走ったときも、スタートの時にパーカーを着ていても、ゴールの時にはほとんどの人が腰に巻いてました。

歩いていても、天気であれば、体温は上がります。

雨の日でも、カッパを着て走れば、中は蒸れるくらいになるので、パーカーは必要ないです。

マラソンのスタートを待つ間に必要な物

参加人数が多い大会ほど、スタートのゲートをくぐるまでに時間が、かなりかかります。

待っている間は、めちゃくちゃ寒いです。

そのため、寒さと風をしのぐために必要な物

  • カッパ(100均でOK)
  • ゴミ袋(頭と両腕を通すために穴あける)

これらを着ておくと、体が冷えにくいので、スタートから順調に走れます。

体が温まったら、ゴミ箱に捨てましょう。

初めての人は恥ずかしいと思いがちですが、当たり前のようにたくさんの人がやってるので、全く気にする必要ないです(笑)

雨予報のときはカッパ必須で、雨が止む、もしくは、最後まで着たまま走りましょう。

湿布はマラソン前日までに必要

初心者がマラソンを走った後では、動くことさえ嫌になるくらいの痛みに襲われます。

痛くなってからでは、湿布を買いに出かけるのも苦痛なため、事前に用意しておきましょう。

1人暮らしの人は絶対です。

2.フルマラソンを完走するために必要な持ち物

フルマラソンを完走するために必要な持ち物
  • ウエストポーチ
  • エネルギーゼリー
  • 痛み止め
  • お金(お札)
  • 絆創膏
  • 目薬
  • リップ
  • アメやチョコレート

フルマラソンを快適に完走するために、持っておいた方が良いオススメの持ち物です。

自分に必要な物をしっかりと選んでください。

ウエストポーチ

マラソンが初めての人は、長時間のランになることがほとんどなので、備えが必要です。

そのためには、ウエストポーチは絶対に必要になります。

大きくなると邪魔になるので、スポーツ店に売っている小ぶりな物にしてくださいね。

エネルギーゼリー

これも絶対に必要な物です。

  • エネルギー不足になると、疲労感がハンパないです。
  • 筋肉を痛めて走れなくなる
  • 足がつってタイムロス

平べったいゼリーがあるので、それを2つは持っておきたいです。

アミノ酸系のゼリーは私の経験上、効果は弱いです。

アミノ酸は全てのアミノ酸、特に必須アミノ酸9つがあってこそです。

数種類入ってるだけでは、パッケージに書いてるほどの効果は出ないです。

炭水化物(糖質)が20g以上、入っているものにしましょう。

痛み止め

  • 本番までに足の痛みが出た人
  • 女性の場合、生理痛がひどい人
  • 頭痛薬でも可

痛み止めは体の痛みに不安がある人は、持っておくと良いです。

タイミングとしては、

  • 朝食後
  • 1回目の6時間後

2回目のときは、バナナもしくは、エネルギーゼリーなど、何かと一緒に飲むように。

絆創膏

初めてのマラソンの場合、5時間以上、長時間走り続けるため、靴擦れなどが起きる場合があります。

そのときに、必要になるのが絆創膏です。

最悪、救護スペースに行けばありますが、遠い場合は痛みを我慢しながら走らないといけなくなります。

汗もたくさんかくため、服と擦れて痛くなる可能性もあるので、絆創膏も必須です。

目薬 or サングラス

長時間走っていると、確実に目が乾燥してきます。

冬に多いマラソンなので、乾燥もするし、風が吹けば最悪です。

対策として、目薬かサングラスをしていきましょう。

コンタクトの人は目薬の方が良いと思いますよ。

目が乾燥してくると走るための集中力がなくなるので、目薬かサングラスを持っておく方が良いでしょう。

リップ

リップクリームもできれば持っておいたいです。

目と同じで、唇も走っているとかなり乾燥してきます。

私も、初めてのフルマラソンの時は、リップを持たずに走ったのですが、めちゃくちゃカサカサになって、マラソン後にひび割れみたいになってしまいました。

誰か教えといてよ。(笑)

だから、唇のケアもしていた方が良いと思います。

アメやチョコレート

アメやチョコレートはエネルギー補給のためですね。

アメは口の乾燥予防にもなります。

これも、私の体験談ですが、チョコレートはできれば給水所手前で食べた方が良いです。

なぜなら、口の中がドロドロになって少し気持ち悪いです。

水を飲んで口の中をスッキリさせるようにしてください。

お金(お札)

お金は、もしものためなので、必須ではないです。

しかし、最後尾の方になると水が準備されていなかった、という話も聞きます。

喉がカラカラになると危険なので、最悪の場合、自分で自販機で水を買う必要が出てきます。

そういったことは、かなりまれなことですが、お金を無くしそうという人以外は、持っていても良いかなと思います。

3.女性必見!フルマラソンの時に必要な持ち物

女性必見!フルマラソンの時に必要な持ち物

女性がフルマラソンを走る時には、特別に準備しておく持ち物があります。

実際に、今年のフルマラソンを走った、女性の友人から聞いた話なので、ぜひ初めてフルマラソンを走る女性は参考にしてみてください。

帽子

これは友人が、女性にとっては何より大事だと言っていました。

  • 日よけ
  • 雨の日に顔を守るため

帽子だけは絶対に忘れないようにしましょう。

日焼けどめ

日焼けどめは、女性にとって必須かなと思います。

曇りの日でも紫外線は出ています。

化粧をして走る人が多いと思いますが、化粧の段階でBBクリームを塗って対策しておきましょう。

走る前に塗っておくだけでも良いですが、天気がかなり良い日は持って走っても良いです。

ただし、ウエストポーチが重くなって走るのに支障がでる可能性があるので、使い切りタイプのような小さい物にしておきましょう。

眉ペン

これは、必須ではないですが、写真をとったり楽しみながら走りたい、という人には必要な持ち物です。

書いた眉が汗で流れてしまうと、写真なんてとれる状態ではなくなると思います。

ウエストポーチにかなり余裕があれば入れておきましょう。

4.フルマラソン中に気をつけること

フルマラソン中に気をつけること

フルマラソン初心者の人は5時間以上のランになるので、持ち物以外でも、給水など、注意していないと完走できないことが多いです。

そのために、マラソン中に気をつけておきたいことを、まとめています。

給水所のバナナは出来るだけ食べる

マラソンで怖いのはエネルギー不足です。

バナナは、そのエネルギーを効果的に補給してくれるので、バナナアレルギーの人以外は食べた方が良いです。

他にも食べるものはありますが、バナナは食べてエネルギーになるまでが早いので、オススメです。

給水所でバナナを食べて、バナナが置いてないところでは、エネルギーゼリーでエネルギー補給です。

マラソンでトイレの心配は不要

特に女性に多いのですが、給水所の水を毎回飲んでいるとトイレに頻繁に行きたくなる、と思っていませんか?

その心配はいりません。

想像以上に汗をかくので、トイレに行きたくなることはかなり少ないです。

しかし、給水のポイントはあります。

マラソンでの給水のポイント

  • 給水所の水orスポーツドリンクは毎回飲む
  • スポーツドリンクは最低2回に1回は飲む
  • 塩分の入ったアメを持参する

汗で体の塩分も出てしまうので、塩分やミネラルを水と一緒に補給しましょう。

汗をあまりかいていないようでも、かなり塩分は排出されているので、しっかり補給するように。

フルマラソンに必要な物をしっかり準備しよう

  • ゼッケン
  • 計測用チップ
  • ウエア
  • ランニングシューズ
  • 手袋
  • 帽子
  • カッパ
  • ウエストポーチ
  • エネルギーゼリー
  • 痛み止め
  • お金
  • 絆創膏
  • 目薬
  • リップ
  • アメやチョコ
  • 眉ペン
  • 日焼けどめ

ウエストポーチの中は全て入れる必要はありません。

自分が本当に必要だと思うものだけ入れて、かさばらないようにしましょう。

最後に、記念写真をとるときは、レース後半になるとそんな余裕もなくなり、化粧も崩れてくるので、序盤でかわいい写真をとっておきましょう。